FX スワップ

FXスワップとは??

世界的に見ても、最低水準になっていると言われている現在の日本の金利。銀行などの金融機関にお金を預けても、金利が低くてなかなか利子がつかない状態が続いています。

このように、日本国内の金融機関で預金をするだけではお金が増えないのが現状ですが、FXの取引においては日本の低金利や各国の通貨金利差を上手に活用して、利益を得る方法があることをご存知でしょうか。

その方法とは、スワップ金利を利用することなんです。

スワップ金利とは、異なる2種類の通貨を売買することによって生じる金利差のことです。通貨を往復交換するFXでは、当然金利についても交換することになります。各国の金利はそれぞれ異なっているため、取引の際には買った通貨の金利を受け取る権利と、売った通貨の金利を支払う義務が生じます。

その差額分がスワップ金利として清算されることになるのです。つまり低金利通貨で高金利通貨を買えば、金利差調整分のスワップ金利を受け取ることができ、逆に高金利通貨で低金利通貨を買えば、スワップ金利を支払わなければならない、というわけなのです。

このスワップ金利は、買いポジションを保持した状態であれば、毎日貯まっていくものです。現在、世界の主要通貨のほとんどが日本よりも金利が高い状態となっているため、日本円で外貨を買えばスワップ金利が受け取れる状態になるケースが多くなっています。

しかし、スワップ金利はFX会社によって設定値に差があり、また日々変動していますので、その点には注意が必要です。

初心者にもおすすめの業者TOP5

これからFXをはじめる方へ

  • FX業者をスプレッドで比較したページへ
  • FX業者をスマホ対応で比較したページへ
  • FX業者をスワップポイントで比較したページへ
  • FX業者を情報力で比較したページへ
  • FX業者を約定力で比較したページへ
  • FX業者を通貨ペアで比較したページへ
  • FX業者を注文機能で比較したページへ
  • FX業者をチャート機能で比較したページへ
  • FX業者の総合ランキングのページへ
  • FX業者を少額取引で比較したページへ